からだの豆知識

腰痛のメカニズムPart2

浜松市西区入野町の「あつみ鍼灸治療院」です。

前回、腰痛の原因は筋肉の状態ということをお話させていただきました。

今回はその続きで、腰痛になってしまう原因をもう少し詳しく説明させていただきます。

 

腰痛を起こしてします主な原因として5つを紹介します。

1、悪い姿勢・一定の姿勢

前かがみや直立した姿勢など一定の姿勢を続けていると、筋肉に大きな負担がかかってしまいます。良い姿勢を心がけることや、同じ姿勢を長時間続けることを避け腰への負担を減らしてあげるようにしましょう。

2、過度な運動や動作

急な激しい運動や、重い物を持ち上げたとき、また肉体労働などで腰の負担が大きくかかってしまったときなども腰痛になります。適度な運動なら良いですが、過度な激しい運動は避けましょう。

3、筋肉の衰え

運動不足や年齢による筋肉の衰えなどで筋力が落ちてしまっている方はその分腰への負担が大きくなります。普段から適度な運動を心がけましょう。

4、骨の老化

特に女性に多いですが、骨粗鬆症などで骨自体がもろくなっている方は、圧迫骨折になりやすいです。あと、背骨が曲がってしまって腰に痛みが出てしまいます。カルシュウムを取る、日光にあたる、運動する。骨を強くし丈夫な状態にしておきましょう。

5、内臓系の病気

肝臓や子宮などの病気によって腰痛が起こることもあります。そんなときは、すぐに病院で診察を仰ぎましょう。また、身近で相談できる人を作っておくのもいいですね。

 

一言で腰痛と言っても原因はさまざまです。そして、腰痛の原因により治療方法も変わってきます。自分がどうして腰痛なのかがわかれば対処もしやすいので腰痛がある方は考えてみるといいですね。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あつみ鍼灸治療院

【住所】

〒432-8061

浜松市西区入野町4903-12

【電話番号】

053-488-8345

【営業時間】

10:00〜20:00

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

からだの豆知識一覧へ