からだの豆知識

鍼灸ってなんで効くの?Part2

こんにちは

浜松市西区入野町の「あつみ鍼灸治療院」です。

前回に続き今回はお灸についてです。

 

お灸に使われる艾(もぐさ)ですが、ヨモギの葉から出来ています。

ヨモギの葉の裏にある絨毛という部分を精製してまとめたものが艾です。

どうしてお灸に艾を使うかというと、艾は点火しやすく、火力も穏やかで、なんと言っても肌の上において点火しても心地よい熱さを感じられるところです。

程よい温熱刺激を入れることにより鍼治療とも相性がよく同時に使用する場合もあります。

近年では、自分自身で出来るセルフお灸なども流行っていてご自宅で気軽に出来る煙の少ないものやアロマの香りが漂うお灸もあります。

お灸の効果ですが、ヨモギに含まれるチオネールという精油成分が皮下に浸透し、温熱効果によって血行が改善されるだけでなく、鎮痛効果やリラックス効果も期待できます。

更に、自律神経にも作用し内分泌に影響を与え白血球の増進を促すため免疫機能の改善など身体の調子を改善してくれます。

近年、美容鍼が流行っていますがお灸も美容に役立つとされていて顔にも出来る低温のお灸もあります。

お灸に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あつみ鍼灸治療院

【住所】

〒432-8061

浜松市西区入野町4903-12

【電話番号】

053-488-8345

【営業時間】

10:00〜20:00

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

からだの豆知識一覧へ